ファブフィブ/Fab Fib

プレイ時間:15~30分
プレイ人数:3~10人
デザイナー:Spartaco Albertarelli

ルール難易度:★☆☆☆☆☆☆
運要素:★★★★★☆☆
コンポーネント力:★☆☆☆☆☆☆
総合評価:★★★★★☆☆

三桁の数字を言って回していくブラフ系パーティーゲーム。

ルール
カードには0~9の数字が描かれている。
スタートプレイヤーは山札から3枚のカードを引き、3桁の数字をコールする。
数字はカードを大きい順に並べたときの3桁である必要がある。
例:「4」「0」「9」の三枚であれば「940」になる。
また、この時嘘の3桁の数字をコールしても構わない。
次のプレイヤーはその数字が本当だと思えばそのままカードを受け取り、嘘だと思えばダウトをコールする。
1. ダウトをコールした場合はその場でカードを全て表にし、
 ・本当だった場合はダウトをコールしたプレイヤーが減点
 ・嘘だった場合はその数字をコールしたプレイヤーが減点
 となる。
2. そのままカードを受け取った場合は、その中から任意の枚数を山札と交換して改めて同様のルールで3桁の数字をコールする。
 ただし、この時にコールする数字は前のプレイヤーがコールした数字より必ず大きくなくてはならない。
以降これを順に繰り返す。
減点によってライフがなくなったプレイヤーから負け抜け。

感想
パーティゲームとしてなかなか良作。
やはり大人数でやったほうが盛り上がる。
10人までプレイできるゲームは貴重なので是非持っておきたい。

数字を徐々に大きくしていかなければならないため、かならずどこかで破綻して嘘をつく必要が出てくる。
このとき、実際に手に持っている数字とコールする数字にズレが生じるため、結構間違えて変なことを言ってしまう。
ただ適当に言えば良いというものでもないので単なる運ゲーとも言い切れない。
ここ一番というところで結構「9」を引いてきたりもするので強気に行けばなんとかなる。
大きい数字から順にするというルールがあるので、「431」だったところから1枚交換で一気に「943」になったりするのも場が荒れて面白い。

わりとサクサクプレイできるが、時間は人数に依存するので10人あつまれば結構かかる。
少数だと盛り上がりに欠けるので6人以上でプレイしたい。
小箱なのでおすすめ。


この記事へのコメント