卑怯な蝙蝠

image.jpeg
プレイ時間:30~45分
プレイ人数:4~6人
デザイナー:新澤大樹

ルール難易度:★☆☆☆☆☆☆
運要素:★★★☆☆☆☆
コンポーネント力:★★★☆☆☆☆
総合評価:★★☆☆☆☆☆

ルール
順に手札から獣、鳥、蝙蝠のいずれかのカードを出していき、多数だった方のカード
を出した人が勝ち。
蝙蝠は多かった方として扱って良い。
ただし同数だった場合や蝙蝠が一番多い場合は負になる。
カードを出すときは表向きでも裏向きでも良く、裏向きで出した際は何を出したか嘘
をついて良い。

感想
ルールは簡単。
基本的に蝙蝠をうまく潜り込ませて勝つゲーム。
シンプルすぎてゲームとしてどの程度成立しているのか正直良くわからない。
後半はほぼ手札が透けているので消化試合でしかない。
ただとにかくアートワークが素晴らしい。
獣も鳥も全てのカードのイラストが違っている。
一目惚れして購入した。


この記事へのコメント